肩こりで肩をもんでも無意味なワケ | 恩多整体院 (東村山市)

肩こりで肩をもんでも無意味なワケ

こんにちは。

東村山市 慢性痛専門 恩多整体院代表の小畠です。

今日は、

【肩をもんでも肩こりが良くならない理由】について説明します。


以前も似た内容で投稿してますが、

先日いらしたお客様の件もあるので、しつこいですが今回もまたお話したいと思います。



肩こりに限らず、痛みやハリを感じると、つい辛い所をさすってしまいますよね。

先日来たお客様は、デスクワークをしている時に右の肩がこり、

左手で肩をモミモミしたけどちっとも良くならなかったと言っていました。



肩をもみたい気持ちはわかるんですが、実はアプローチするところはそこではありません。

ではどこにアプローチしたらいいかというと、

肩こりを感じた時の姿勢がポイントになります。



肩がこったなーと感じた時、姿勢悪くなってませんか?

多くの場合、肩こりの原因は巻き肩です。

巻き肩になると、僧帽筋が引っ張られます。

その結果、僧帽筋内の筋紡錘という感覚を司る受容器が興奮し、コリや痛みを起こすのです。



なので肩こりの時には、

僧帽筋をもむのではなくて巻き肩を治すのが先です。



これを読んだ方は、

早速巻き肩を治すストレッチを始めてみてくださいね!



ストレッチの動画は下のリンクから見られます(^^♪

https://bit.ly/2PNUjqr 


公式ホームページ
東村山市恩多町の慢性痛専門整体なら恩多整体院
ホームページはこちら


LINE@
登録は簡単!
下のリンクをクリックして”追加”してください(^^♪
セルフケア動画をゲットして、健康になりましょう!
友達登録はこちら 


Facebook 
ブログや動画が参考になりましたら、いいね!をお願いします(^^♪
いいね!はこちら


電話番号