整形外科や整骨院に行ったが良くならない腰痛 | 恩多整体院 (東村山市)

整形外科や整骨院に行ったが良くならない腰痛

症例・腰痛 | 2019.07.07
こんにちは。

東村山市の恩多整体院です。

本日も症例報告をします。

■来院した方

50代女性

■経緯

初の腰痛は15年前(ぎっくり腰)、今回は1か月前から症状が出始めた。

先に整形外科に行き、【L4すべり症】と言われ、痛み止めと湿布を出されたが、効果なし。

その後整骨院で約3週間マッサージを受けたが、効果なし。

立ちっぱなし時や家事での前屈姿勢時が特に辛く、1か月間仕事や日常生活に支障が出ていたため、当院へ来院。

■症状

立ちっぱなし、仰向けで寝る、前屈キープ時に疼痛著明。

両大腿部外側にしびれあり。

ストレッチをしているが、効果を感じられない。

■原因

姿勢を見ると、骨盤が前傾し反り腰になっていました。

骨盤が前傾した原因は、腹部の深い所にある腸腰筋や、大腿四頭筋の短縮が原因です。

腸腰筋が短縮すると股関節の可動域制限を起こし、股関節と連動している腰椎にストレスを与えます。

なので、短縮した腸腰筋を緩めれば、股関節の可動域が元に戻り、腰のストレスが軽減され腰痛が楽になります。

■施術

【初回~2回目】

初回は、股関節の可動域を正常にするために、腸腰筋を中心に緩めました。

2回目来院時、数日前に布団をベランダから引っ張った時に痛みが走ったというので、
検査をした所、股関節の可動域制限を起こしていた原因が前腕にありました。
なので、前腕の屈筋群を緩めました。

【3回目】

前回後から、仰向けで寝られるようになったと報告を受けました。

腸腰筋が緩み、反り腰が軽減してきた証拠です。

数日後に家族旅行を控えているとのことでした。

【4回目】

旅行中は腰痛になることなく、楽しめたと報告を受けました。

生活にもほとんど支障が無くなったとのことでした。

【5回目~6回目】

順調に良くなっていき、以前のような症状が起きることは無くなったようです。

立ちっぱなしのお仕事をやめて、仕事先を変えたことも良かったのだと思います。

【施術者より】

3か月くらいかかると踏んでましたが、本人の努力や筋代謝が良かったお陰で、2か月余りで卒業となりました。

今後もセルフケアを続けて体調を維持してくださいね。


>>>>東村山市で腰痛にお悩みの方は恩多整体院へ
電話番号