ぎっくり腰対策・腓腹筋ストレッチ | 恩多整体院 (東村山市)

ぎっくり腰対策・腓腹筋ストレッチ

こんにちは。
東村山市 慢性痛専門 恩多整体院代表のオバタです。
今日は、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)のストレッチについてお伝えします。



解剖学的にも、腓腹筋は膝から上の荷重を受ける部分なので、とてもストレスがかかりやすい筋肉です。
この筋にストレスがたまると、脚が吊りやすくなったり、むくみが増したりします。
それらの症状は、身体の疲労がピークに達しているというサインです。



そのサインに対して何か対処をしないと、あとでしっぺ返しを食らいます。
例えば、ぎっくり腰。
ふくらはぎとぎっくり腰が関係あるの? と思う方もいるかもしれませんが、実は関係大ありです。
腓腹筋は、太もも裏の筋肉(ハムストリングス)を介して脊柱起立筋(腰の筋肉)と繋がります。
腓腹筋が固くなると脊柱起立筋を引っ張ってしまい、腰の前屈制限や立ち上がり動作を制限してしまいます。



そうならないために、固くなりやすい腓腹筋を日頃から伸ばしておくことが重要です。



他のセルフケア動画も見たい方は

今すぐ下のリンクから【チャンネル登録】をしてくださいね!

https://bit.ly/2PNUjqr 


公式ホームページ
東村山市恩多町の慢性痛専門整体なら恩多整体院
ホームページはこちら


LINE@
登録は簡単!
下のリンクをクリックして”追加”してください(^^♪
セルフケア動画をゲットして、健康になりましょう!
友達登録はこちら 


Facebook 
ブログや動画が参考になりましたら、いいね!をお願いします(^^♪
いいね!はこちら
電話番号