【腰痛 テニスボールセルフケアの注意点】 | 恩多整体院 (東村山市)

【腰痛 テニスボールセルフケアの注意点】

東村山市 慢性痛専門 恩多整体院代表の小畠です。



【テニスボールセルフケアの注意点】



当院では、腰痛などの症状の緩和として、

テニスボールでやるセルフケアをお伝えしています。

私以外の先生も、ユーチューブでテニスボールセルフケアを紹介していますね。


テニスボールのセルフケアは、

簡単かつ効果が高いので、おススメなのですが、

残念なことに間違ったやり方をしているせいで、効果を感じていない方もいます。



たまに、セルフケア後に痛くなったという方もいるほど(‘Д’)

それは大変!!



ということで、正解のセルフケアをお伝えしたいと思います。



もしかして、こんな間違いをしていませんか?



正しいセルフケアをしていれば、痛くなってしまうということはほとんどありません。

痛くなったということは、やり方が間違っていることが多いです。



【多い間違い例】

1.テニスボールを当てる場所がちがう

2.あてる時間が長すぎる

3.息をとめている

4.反動をつけている




特に多いのが1番です。

臀部のテニスボールセルフケアは、中殿筋という筋肉にアプローチをするのですが、

その場所を間違ってしまっている方が多いです。



中殿筋は骨盤の外側に位置していますが、どういうわけか内側寄りにアプローチする方が多いようです。

また、できるだけ広い範囲をほぐそうと思っているのか、下の方までやってしまう方もいます。



すると仙骨や、大腿骨大転子部に当たってしまい、そのせいで防御反応が起き、

筋肉が固くなってしまうのです。

なので、中殿筋を狙って正確にケアをすることが大事になります。



正確な当て場所は、下の動画でご紹介しています。





テニスボールセルフケアはこの動画で見られます。





他のセルフケア動画も見たい方は

今すぐ下のリンクから【チャンネル登録】をしてくださいね!

https://bit.ly/2PNUjqr 


公式ホームページ
東村山市恩多町の慢性痛専門整体なら恩多整体院
ホームページはこちら


LINE@
登録は簡単!
下のリンクをクリックして”追加”してください(^^♪
セルフケア動画をゲットして、健康になりましょう!
友達登録はこちら 


Facebook 
ブログや動画が参考になりましたら、いいね!をお願いします(^^♪
いいね!はこちら
電話番号