【慢性腰痛・坐骨神経痛】東村山市在住 80代男性のケース | 恩多整体院 (東村山市)

【慢性腰痛・坐骨神経痛】東村山市在住 80代男性のケース

症例・腰痛 | 2017.01.04
「ソファーに座っているだけで腰とお尻が痛かった。 ここで1か月治療して大分楽になった。」

・今までの経過
20年前、ヘルニアと診断。それからずっと腰痛と臀部痛が悩み。
数年前に他の治療院に2年通ったが、あまり変わらず。
数か月前に、整形外科でL4~5の椎間板が狭いと指摘される。そこでの治療は電気治療とマッサージ。あまり効果なかった。
先月ブロック注射をして、1日くらい楽になったが、翌日痛みが戻った

自宅でソファーに座っているだけで痛い。立ち上がるのも腰が伸びずしんどい。
前屈、後屈、回旋、寝返り、腰部のほとんどの動きが障害されている。
SLR45度で陽性、FNS陽性。
頚部伸展痛著明、右回旋痛、ROM制限あり。

現在はパーキンソン病を患っている。

・当院の診立て
腰部の前屈痛は、左大殿筋の緊張が原因で、回旋痛と座位での腰部痛は大腰筋の緊張が原因でした。
寝返り時や後屈痛、は腰ではなく、頸椎の歪み(首の筋肉の緊張)が原因でした。
人体の動きは、首から始まりますので、首の動きが悪いと、下の胸椎から腰椎がうまく動かず歪みが出てしまいます。
痛い所だけでなく、その症状を起こしている根本原因を除去することで短期間に改善することができます。

なぜ、これらの筋緊張が起きてしまったのか?
座る時間が長く、前傾姿勢をとっているため、大殿筋と大腰筋が緊張した。
杖を右手でついているため、右腕から首の筋肉が疲労し緊張した。と、考えられます。
これらの筋緊張が痛みの原因なので、施術をして緩めてあげれば今よりも楽になりますよとお伝えし、施術をしました。

・どんな施術をして、どのくらいの期間かかったのか?
初回。体幹部、骨盤部、頸部の筋肉を中心にリリース。

2回目。座っているときの痛みが半減したと喜んでいました。
反応よかったので前回と同じ施術をしました。

3、4回目。腰痛は楽になってきたが、左臀部の痛みがまだ変化なし。
根が深いようなので、超音波治療後にリリース。

5回目。超音波が効いてきたようで、少し良くなってきたと言っていました。
このころから、杖を使わずに歩いてこれるようになりました。

6回目。大殿筋、大腰筋が緩んできたのが感じ取れる。
本人の動きも目に見えて良くなり、自覚的にも改善してきてるのがわかるようでした。

7、8回目。ペインスケール、10→2となり、日常生活に支障なくなってきたので、一旦卒業としました。
ただし、歪みは残存しているので、今までと同じ使い方をしていては、また痛くなってしまう可能性があることを告げ、セルフケアをこれからも続けるように指導しました。

長期にわたる腰痛、坐骨神経痛にお悩みの方は、東村山市にある恩多整体・接骨院へ!
TEL:042-207-8211
・腰痛でお悩みの方は、こちらをクリックして詳しくご覧ください
6か月以上治らない腰痛で、家事や仕事に集中できずお悩みのあなたへ
電話番号